Essexと古河電工がグローバル合弁会社設立に合意

2019年9月27日

マグネットワイヤ製品の開発とカスタムソリューションのリーダー企業であるEssex Magnet Wire(「Essex」)と古河電気工業株式会社(「古河」)は、本日、両社が新しいグローバル合弁会社の枠組みを承認したと発表しました。

合弁事業は、以前両社が欧州で締結したマグネットワイヤに関する提携を拡張したものです。両社は、最終的な契約の締結ならびに当局による通常の規制およびその他の承認が完了した後、今後数ヶ月かけてマグネットワイヤ事業の運営を統合して、グローバル市場のリーダーとなります。

合併した会社は、Essex Furukawa Magnet Wire, LLCとして「Essex Furukawa」ブランドを使用して操業します。

すべてのEssexグローバルマグネットワイヤ拠点は、Essex Italyを除いてEssex Furukawaの一部になります。Superior Essexの傘下に残り、合弁会社には吸収されない他の事業部は、Superior Essex International(通信)、Essex Brownell、Hi-Wire、IVA Solutions(フランスおよび中国)です。日本とマレーシアにある古河電工のマグネットワイヤのプラントもこの新会社の一部になります。

「本日は素晴らしい日になりました。Essex Furukawaの計画を発表できるからだけではありません。マグネットワイヤ業界の技術的な原動力となる企業を生み出した記念すべき日でもあるからです。これにより、数多くのリーディングカンパニーが恩恵を受けるでしょう」と、Superior EssexのCEOであるブライアン・キムは語りました。「Essex Magnet Wireと古河電工の強みを活かした非凡な企業ができたので、私たちは、足し合わせること2世紀を超える経験と知識を活用できることになります。イノベーションの境界線を押し広げると同時に、優れた製品の提供、技術の進歩、傑出した顧客サービスに重点を置き続けることができるのです」

この新しいグローバル合弁会社は技術的進歩をリードできます。北米、欧州、アジアの市場でリーダー的ポジションにあり、顧客との戦略的なパートナーシップが可能であり、研究と開発の発展を進めることができます。カスタム製品ソリューションの拡大、ベストプラクティスの共有、物流拠点の増加に伴う顧客サービスの向上、グローバルな販売や技術チームの拡大、ロッドと鋳造の世界的なリソース増加、グローバルイノベーションチーム(特にEV/HEV開発向けのチーム)の多様化などで、大きな相乗効果が得られると期待されています。

Essex Furukawaには8ヶ国に17の拠点があり、約2,100人の従業員が働いています。

Essex Magnet Wireについて

Essex Magnet Wireは、主要な相手先商標製造会社(OEM)および自動車、エネルギー、産業分野の業界リーダーが使用するマグネットワイヤの世界的なリーディングプロバイダです。エセックスマグネットワイヤは、3大陸の11か国に施設を持ち、グローバルに活動するがローカルにサービスを提供する事業を運営しています。 90年の経験を持つエセックスマグネットワイヤは、品質を確保し、世界中の配送センターからシームレスな配送サービスを提供するために、製造プロセスに垂直に統合されながら、顧客が求める革新を提供します。 Essex MagForceX™イノベーションセンターは、将来の顧客の課題に対するカスタムソリューションを提供する研究開発を通じて、マグネットワイヤの技術的進歩を促進しています。詳細については、 http://essexwire.comをご覧ください

 

古河電気工業株式会社(Furukawa Electric Co., Ltd.)について

古河電工(東証: 5801、ISIN: JP3827200001)グループは1884年の創業と同時に、銅製錬施設とワイヤ製造工場を設立しました。以来、多様な技術的問題を解決することで最新テクノロジーのパイオニアとなっています。古河電工は、通信、エレクトロニクスなどの数多くの分野でさまざまな製品をリリースしています。

中核として取り扱っている3種類の材料、すなわち光学、プラスチック、金属を使用した自動車と建設。これらの製品の多くでグローバル市場のトップのシェアを達成し、すべての製品がさまざまなビジネス分野の共同体に貢献してきました。Furukawa Electricに関する詳細はfurukawaelectric.comにアクセスしてください。



直接お問い合わせください。

同じプロジェクトは1つとしてなく、すべての用途が簡単に応えられる仕様であるとは限りません。お客様が抱える課題を解決するための提案をいたします。

このページを共有するプラットフォームを下からクリックして下さい。このページを共有しました!