リーダーシップ

エグゼクティブリーダーシップ

  • ブライアン・キムはSuperior Essexの最高経営責任者であり、2015年5月からこの役職に就いています。キムは、在職中に、自動車戦略事業部の設立、Essex Malaysiaの設立、高電圧巻線合弁事業の立ち上げ、MagForceX Innovation Centerの開設およびセルビアのマグネットワイヤ施設の建設を監督しています。弊社でのこの役職の前は、LG Hausys Americaの社長、韓国ソウルのA.T. Kearnyの社長を歴任しました。延世大学校(Yonsei University)では応用統計学の学士号、ミシガン大学(University of Michigan)ではEMBA(Executive MBA)を取得しました。

    Brian Kim

    最高経営責任者

    LinkedIn
  • デイビッド・グレイはSuperior Essexの最高財務責任者であり、2年間この役職に就いています。弊社で5年間キャリアを積み、通信/エネルギーケーブル事業部の財務部門長から、20億ドルに相当するグローバルメーカー全体を監督する現在の職位に昇格しました。Essexに入社する前はCooper Bussmanで財務およびITの部門長ならびにDigital Blueで暫定CFOを務め、販売費および一般管理費の30%削減に貢献して、買収を成功させました。ペンシルベニア州立大学(Penn State)で学位を取得し、メリーランド公認会計士協会(Maryland Board of Public Accountancy)では公認会計士に認定され、管理会計協会(Institute of Management Accountants)では公認管理会計士を取得しました。

    David Gray

    最高財務責任者

    LinkedIn
  • アンナ・バシスタは、Superior Essexのグローバルヒューマンリソース部門長です。過去4年間にわたってEssex Magnet WireとSuperior Essexの両方でヒューマンリソース部門長を務めた後、本役職にほぼ4年間就いています。同氏の献身的なリーダーシップスタイルにより、堅実な企業成長の道のりが切り開かれ、現在ではすべての人事的取り組みを掌握できるまでに至っています。Superior Essexでの役職の前は、他の数社で上級人事部長を約15年間務めました。ハワイ大学(University of Hawaii)で心理学の学士号、エルムハーストカレッジ(Elmhurst College)で産業/組織心理学の修士号を取得しています。SHRM-SCP認定を取得したSHRM(米人材マネジメント協会;Society for Human Resource Management)のメンバーであり、HRサーティフィケーションインスティテュート(HRCI)のSPHR認定(Senior Professional in Human Resources Certification)を取得しています。

    Anna Basista

    グローバルヒューマンリソース部門長

    LinkedIn
  • ベイバー・イナヤットはEssex Magnet Wire – North Americaの社長であり、北米および非自動車市場におけるすべてのマグネットワイヤ事業を担当する役割にあります。過去15年間にわたって、Essexで職務の増え続けているこの役職に就いています。最近では、電気自動車メーカー向けのカスタムマグネットワイヤソリューションを開発したEssex Magnet Wire自動車事業部を構築、指揮しました。この役職の前は、Technology & Customer Careのグローバル部門長として、Essex Magnet WireにおけるR&Dの取り組みを推進していました。マグネットワイヤ絶縁システムおよびマグネットワイヤ製造プロセスに関する多くの特許を所有しています。ドレクセル大学(Drexel University)の電気工学の学士号と経営工学の修士号に加え、ペンシルベニア大学ウォートン校(Wharton Business School)の管理者教育プログラム(C.P.D)を取得しました。

    Baber Inayat

    Essex Magnet Wire North America社長

    LinkedIn
  • ジョシュア・フェニングはEssex Europeの社長であり、同社のアジア太平洋部門長を2年間務めた後の2019年はじめに本役職に就任しました。Superior Essexでの勤続年数が20年間にも及ぶリーダーの中でも、同氏はさまざまな役割を経験し、製造と成果に基づいて数年ごとに昇進を積み重ねてきました。また、非効率なプロセスの見直し、イノベーション、販売およびグローバル規模での成長の促進を実行できるスキルがあることを示してきました。米国、ポルトガル、中国、ドイツの拠点でさまざまな役割をこなしてきました。トライン大学(Trine University、旧Tri-State University)では理学士号を取得しています。

    Joshua Fennig

    Essex Europe社長

    LinkedIn
  • クラウス・ボルストナー技師は、現在、Essex Italyの社長を務めており、CTCや他のマルチエナメル銅製品の分野における弊社のエネルギーを重視した事業の継続的な発展および市場のリーダーシップを指揮しています。電気業界での経験が30年もあり、東南アジア、米国、中国で働きながらさまざまな上級職と職歴を重ね、幅広いグローバル体験を培いました。Essexに入社する前は、高電圧アプリケーションと変圧器の分野におけるSiemensになったオーストラリア企業のElinに20年以上も勤務していました。プロセスとイノベーションの理解に役立つ電気工学の学位を取得しています。

    Klaus Borstner

    Essex Energy Italy社長

    LinkedIn
  • ジャレッド・ラウントリーはEssex Asiaのアジア太平洋部門長であり、2019年1月以来この役職に就いています。ほぼ十年間組織に在籍して、資材マネージャー、オペレーションマネージャー、プラントマネージャー、管理部長を歴任し、現在の役職に至るまでのスキルセットとリーダーシップ能力を培いました。Essexに入社する前は、他の2つの有力メーカーで働いていました。クイーンズ大学(Queens University)およびコネストーガ大学(Conestoga College)で学位を取得しています。

    Jared Rowntree

    アジア太平洋部門長

    LinkedIn
  • マット・リーチはEssexの世界的なイノベーション部門長であり、この3年間でMagForceX Innovation Centerの立ち上げと監督を行いました。職務が増えていく中、Superior Essexの技術およびオペレーション部門で約25年間働いています。最近では、Essex North Americaのオペレーション部門長を務めていたこともあります。現在は、次世代の技術的課題の波を解決するさまざまな分野にわたる専門家チームの指揮を任されています。ローズハルマン工科大学(Rose-Hulman Institute of Technology)では理学士号、インディアナ大学(Indiana University)ではMBAを取得しました。

    Matt Leach

    イノベーション部門長

    LinkedIn

直接お問い合わせください。

同じプロジェクトは1つとしてなく、すべての用途が簡単に応えられる仕様であるとは限りません。お客様が抱える課題を解決するための提案をいたします。

このページを共有するプラットフォームを下からクリックして下さい。このページを共有しました!